愛犬に負担のかからない、最先端の健康チェック&エイジングケア Dog-Scan®設置店
BOWWOW HOUSE
ご予約はこちら
サロンの特徴 メニュー・料金 店舗情報 お客様体験記 よくあるご質問 お問合せ HOME
東京都渋谷区元代々木町31-4
[営業時間]
月〜金 11:00〜17:00
土・日・祝 要相談

コラム

【ワンちゃんの加齢 予測される症状】

■シニア犬に見られる一般的な兆候

私たち人間と同様に、どんなワンちゃんも日々歳をとってゆきます。ワンちゃんの年齢というものは、犬種や身体の大きさにより、基準が少々異 なることをご存知ですか?

例えば、グレート・デーンのような大型犬は概ね5〜6歳からが”シニア”と位置づけられます。その一方、チワワのような小型犬は概ね10〜11歳からが”シニア”と位置づけられるのです。

ワンちゃんの加齢によって現れてくる兆候に気づき、注意深く観察することは、大切な愛犬を守るための適切な対応に繋がることでしょう。

それでは、典型的な兆候にはどんなものがあるのでしょうか。

これから数回に渡り、ご紹介してゆきます。


(1)失明とその他の目に関する疾患

あなたのワンちゃんは周囲にある物に突進して行ってぶつかったり、こらえ切れずに落下したり、あるいは何らかの目の不調(眼球の充血や、にごりなど)を訴えていませんか?

もしかすると、彼(彼女)は失明に至るような疾患や、目の障害を抱えているのかもしれません。

クリニックで適切な治療を早期に始めるためにも、飼い主さんが日頃からワンちゃんの様子に気を配ることはもちろんされていることと思いますが、「ドッグスキャン」を未病検知に役立てていただくことも、とても有益なことです。


(2)排尿障害(頻尿や乏尿)

頻尿や乏尿は腎臓関連の病気や尿管の感染症を発見するひとつの指標かもしれません。これらは一般的には中年〜老齢のワンちゃんに見られる症状ですが、幸いな事に尿失禁や乏尿は、薬や食事療法により緩和することが可能です。もしもそういった症状の疑いや心配がある場合は、獣医さんに相談してみましょう。さて、できればそうなる前にドッグスキャンでの定期的なケアがオススメです!


(3)口臭、歯茎や歯肉からの出血など、口内のトラブル

もしもあなたがワンちゃんの歯磨きをおろそかにしていたり、定期的に獣医の専門的な歯のクリーニングを受けさせていなかったりする場合、ワンちゃんはおそらく何らかの口内関連の病気(口臭や過度のよだれ、歯肉炎、歯が抜けてしまう症状など)の兆候を見せ始めるかもしれません。歯科衛生とは結局のところ、第一によくメンテナンスがゆき届いていることなのです。しかしながら、始めるのに遅すぎるということはありません。一度専門家に診てもらい、問題をどう解決してゆけば良いかを相談し、また将来的にかかるかもしれない病気を予防しましょう。そして、ドッグスキャンでのチェックも併用していただくととても有効的です。

サロンの特徴 | メニュー・料金 | 店舗情報 | お客様体験記 | よくあるご質問 | お問合せ | よくあるご質問 | コラム
Copyright(C) BOWWOW HOUSE All Rights Reserved.